2006年07月06日

おさらい

なんと旦那と同じ病気に力也さんもなったらしいじゃないですか!!
いるところにはいるんですねぇ。。。
この病気は本当にその辺に飛んでいる風邪のウィルスの1つからなったもので、普通の人が当たり前のように持っているそのウィルスの免疫をたまたま持っていなかった為にかかってしまったものなので、難病とはいえ目の前のアナタもなる可能性があるかもしれないので、ここで病気のおさらいをしておきますよ。

続きを読む
posted by petit_mame at 12:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年07月05日

一時外泊

さてさて、日増しに良くなっている旦那ですが外泊許可が下りたので昨夜だけ旦那実家に外泊してきましたぴかぴか(新しい)
壁つたいになんとか歩けるところまで回復してます!!!とはいえ、足がつりそうになるのでまだ短い距離しか歩けませんけどね。

それで久々に旦那が息子との対面を果たしたわけなんですが、息子がはしゃぐことはしゃぐこと(笑)旦那の足を揉んであげたりしてましたよ(笑)ただ、乗っかったりペンペンしたりもしてましたけどあせあせ(飛び散る汗)
そんなわけで息子が興奮して寝ないこと寝ないこと(笑)結局息子の『おうち帰る』のひとことで私と2人で我が家へ帰りました眠い(睡眠)
もう少ししたら毎日会えるからお互いまだガマンですちっ(怒った顔)

外泊してみて旦那は思ったより歩いたからかなり疲れたとは言ってますが、おそらくこの調子だと来週には退院できそうですよ〜!!ぴかぴか(新しい)
posted by petit_mame at 12:54 | Comment(3) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年07月02日

ささやき

旦那は今日から歩行器を使って歩くことが許可されました!
まだ長くは歩けませんけどね。
それで土・日っていうと治療らしい治療が行なわれないので、とにかく患者にとっては暇(笑)
こういう日はロビーに行くと暇なおじさん達がかたまってます!
奥さんに電話なんかかけて『どこにいるんだよ。早くこいよ』なんて話ししてたり、うちの部屋にいた誰さんが退院したとか退院したけど戻ってきたなんてことをささやいてますたらーっ(汗)しかもこういう話しをするときって、周りに人がうろうろしているわけでもないのにどういうわけか急に声のトーンを落とすんですよね(爆)

ウチの旦那も暇をもてあましてましたが、お見舞いに来てくれた人がいたのでまぁ良かった方です。
今や治療やらおふろやら何かあったらイベントと呼んでて、『今日はイベントないねー』なんて会話が成り立ってます(笑)比較的金曜日は土・日が休みとあってイベントが多いんですけど、おとといは、血液検査→リハビリ→MRI検査→来客→お風呂→リハビリとイベント満載でした(笑)

そんなわけでますます退院が近くなってきてます。
posted by petit_mame at 23:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月29日

約束

いきおいよく回復し続けている旦那ですが、ここのところリハビリでバーにつかまりながらも30m歩けるまでになりましたよー。

今日は先生が血液検査でちょっと肝臓が気になったいうことで、エコーで見てみたんですが結果は・・・

脂肪肝

なかなか笑えましたたらーっ(汗)薄っすら白かったですけど、MRIをやったら脂肪の厚みもわかるんでしょうね。(来月やる予定)

そんな感じで大したこともなく、夕方先生から遂に退院のことを考えようかという話しがでましたぴかぴか(新しい)
それで退院は・・・
≪病室からトイレまで歩けるようになったら≫にしようと先生と旦那のあいだで約束が交わされました。たぶん今の調子だと来週くらいには出来そうな気がします!!わーい(嬉しい顔)

嬉しい半面、旦那が家に戻ってきたら戻ってきたで私は大変なんですけどね(爆)
posted by petit_mame at 22:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月26日

3週間経ちました

旦那が入院してから早くも24日で3週間が経ちました!!
首から下が動かなくなった時は本当に目の前が真っ暗になりましたが、なんと今日から歩行のリハビリが始まりましたぴかぴか(新しい)
しかも、バーにつかまれば1人で5mくらい歩けるほどに回復!
来週あたりになれば歩けるようになりそうな勢いです。
な、なんて嵐のような病気なんだ。。。台風

でも仕事復帰するまでにはまだまだ時間がかかりそうなので・・・病院じゃ携帯使わないから旦那の携帯の料金プランを安いのに変更しつつ、ドコモのポイントがたまっていたので、902isシリーズの登場でで安くなった902iに機種変しちゃいましたぴかぴか(新しい)
ちなみに旦那の機種は≪P≫ことパナソニック製。昔からずっとPだったのでそのままPを使い続けている人なんです。
Pは見た目がいいので、操作性が改善されていれば私もポイントがたまったんで同じので機種変しちゃえ〜と思ったのですが・・・やはり使いづらい・・・ふらふら
そんなわけで私は他ので検討中〜携帯電話

なんだかんだ他のことが書ける余裕ができてるということで、闘病日記も終わりが近づいてます(笑)




posted by petit_mame at 23:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月23日

呼び出しアイテム

なんと旦那は車椅子に乗れるところまで回復しました!!!

首から上しか動かなかった時は、普通のナースコールすら押せなかったので、基本的にはずっと私が付いていたのですが、それでもちょっとした用で離れなければいけなかった時に活躍したのが・・・


特別なナースコール!!


一見マイクみたいに見えると思いますが、この先端部分に数秒間軽くふれるだけでナースステーションに電話が繋がるという仕組みになってます。
それでアームをうまく旦那の顔が動かせる範囲に曲げて呼びたい時に頬の部分に触れるようにセットしたんですよー。
磁石で取り付けてあるので、私がいるときははずしておいたりしながらも1番ひどかった時は本当に活躍してくれましたぴかぴか(新しい)
他にも息を吹きかけて呼び出すナースコールもあるらしいです。

そんなわけで今はもう不要になったんですけど、記念に紹介してみましたわーい(嬉しい顔)(笑)
posted by petit_mame at 21:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月20日

アイデア器具

ダンナの病気が日増しにかなりの速さで良くなってきてます。。。
当初医者の診断では入院が2ヵ月くらいで、リハビリをしても一人で何かを持ったりするような何かをしようとする動作ができるまでに約6ヶ月で、完治に約2年かかるだろうということだったんですが・・・

もう食べるリハビリが始まりました!!!

ジャーン!
リハビリ用スプーンとフォークぴかぴか(新しい)

これはリハビリの先生が握力がないダンナでも使えるように細工をしてくれたものなんですよ〜プラスチックのフォーク・スプーンにウレタンを巻いてビニールテープでぐるぐる巻きにしただけのものなんですけどね。
それで、フォークにだけクリップが付いてますが、リハビリの先生が受付からちょだいしてきたものらしく1つしかGETできなかったということで(笑)
はて、これをどのように使うのかというと・・・

これは私の手ですけど、このようにうまくクリップのところに人指し指をひっかけるようにして使います。
健康だと気が付かないけど、柄の部分を握って持つより↑この持ち方の方が腕に負担がかからないで口元に運べます。単純だけどスゴイですよ!!

これを使うとダンナはなんとごはん一膳分自分の力で食べられるようになりましたわーい(嬉しい顔)
思ったより早く直りそうな気配で嬉しいです。
ダンナはウキウキ気分でさらに雑誌なんかもうまくめくって読んでます(笑)
そんなんだから腕が疲れたからマッサージしてくれと、私はいいように使われてます。。。がく〜(落胆した顔)直ったらおいしいものをごちそうしてよね〜とブツブツ言いながらですけどね(笑)パンチ
posted by petit_mame at 21:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月19日

かなりいい感じ

ダンナの病気ですが、血液製剤がかなり効いたみたいで日々、体のあちこちの動きが回復してきました。
ついこの間まで本当に首から下が全く動かせない状態だったのに、手の指に少し動かせる力が出てきたかと思いきや、軽くグーができるようになり、足も1人で立てひざができるようになってきたと思ったら、1人で寝返りができるまでに戻りました!!
ほんとわけがわからん病気ですよ〜
そんなわけで、食事の時間以外そばについていなくても大丈夫な状態になったので今日から夜は自宅で寝ることになりました〜

だんなの方はひと段落ですが、今度は預けっぱなしになっている子供の方がここのところ調子をくずしていたりしてほんとかわいそうな思いをさせちゃっているのでその分取り返すべく子供ともできる限りコミュニケーションをとっていけたらなと思ってます。。。
とはいえ、ご飯の時間は病院に行かないといけないのでなかなか一緒にいられないですけどねもうやだ〜(悲しい顔)

早く普通の暮らしがしたいです。。。
posted by petit_mame at 16:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月17日

少しずつ前進

血液製剤を使ってより早く回復するための治療に入ってから、少しずつですが指に動きが出てきました。とはいってもほんの2・3mm動く程度なんですけど、それだけで大喜び(笑)それにダンナの主治医の先生はショックをうけるようなマイナス面なことは言わずいつもニコニコしながら『動いたじゃん』ていいところを見つけて言ってくれるので、たいした変化がないのにとても救われた気持ちにしてくれます。
こんな感じなんですが、昨日からリハビリもはじまりました!
体を動かしていないと関節と筋肉が急激に衰えてしまうので、直りが悪くならないためにも曲げたり伸ばしたりすることを中心に足と手を午前と午後に分けてプログラムをたててくれたみたいです。

それから遂に一般病棟へ移りました!久々にTVも空も見れてダンナの気持ちもかなり違うみたいです。今まで夜になると夢と現実がゴチャゴチャになってかなり精神的にやばそうだったから、ひとまずホッとしてます。わーい(嬉しい顔)

posted by petit_mame at 10:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月13日

早い早い・・・

なんか風のように1週間が過ぎていった感じですけど、ダンナにとってはとても長かったらしい。
病状としてはあまり変化はないのですが病気の進行はおさまって、少しずつまひしなかった首や肩の力が増してきたり、食欲が出てきた感じです。
それで今日からより早く回復へ向かうようにするための治療に入りました。
少しでも今日より動きが出てくるといいな。。。

そんなこんなで毎日介助していると寝たきりの方を抱えた家の大変さを実感します。今は病院だけど今退院してくれって言われたらとても私1人じゃ面倒みきれそうにないですものがく〜(落胆した顔)
でも寝返りさせることは1人でもできるようになってきましたよ手(チョキ)
何気にいい勉強になっているのかも・・・
それで身動きできないから看護士さんには相当面倒をかけているのですが、仕事とはいえテキパキとすごいなとほんと思います。
医者も感じのいい人ばかりで、特にダンナが夜緊急外来で来た時からみてくれている若き研修医さんなんて毎日よく声をかけてくれて、ちょと1本ネジが抜けてそうなんだけど、熱心で応援したくなるような人なんですよ(笑)

今いるところはまだ一般病棟ではないのでTVもなく、しかもせかせかかゆいところに手が届かないダンナの世話をしていると世の中のニュースがまるでわかりません(笑)
退屈かと思いきや、あれこれ世話していると結構余裕のない病院ライフです(笑)




posted by petit_mame at 14:20 | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月10日

経過状況

皆様ご心配おかけして申し訳ないです。
それで病気の方ですが原因がわかったので、月曜日から治療にかかってます。
その治療は体外に血液を取り出し機械に通して、血液から血しょう板を分離させてさらにそれをろ過して悪く働いている細胞を取り除いてからまた結合させて体内に戻すというもので医学用語でDFPPといふらしい。これが高額治療なんだって(>_<)

それでその治療を1日おきに3回やったんですけど、進行はおさまって、ほんのちょっとだけ反応するところがでてきた感じです。

私はというと、基本的に完全看護だからいなくていいのですが、旦那が全く動けないから些細なお願いを聞いたり、マッサージするのにずっと泊まり込みしてます。だから特別付き添い用のベッドがあるわけでもなく毎日パイプ椅子で寝てます。でも一瞬で寝られる特技をもっているから、そこそこ寝ているのでご安心を(笑)

子供の方ですが、とりあえず病院を抜けて毎日会ってはいますが、なんとなくいつもと違うことはわかってても別れ際一緒に帰るって泣くので可哀相です(T_T) 

それから、このことが起きる前に子供がおばけ騒ぎをした話を書きましたが、実は連日そのおばけが同じ場所に来ていると子供が言ってて、旦那が緊急入院をした日、まだ旦那が仕事から戻る前に子供が寝る間際になって『あっ、いなくなった』って言ったの。
不思議だけど、何かを伝えにやってきた方に間違いないと今になって思います。いちおう旦那にお兄ちゃんで思い浮かぶ人いないか聞いてみたけどわからなくて(笑)3歳の子供が思うお兄ちゃんて何歳までなのかな!?て感じです。
そうやって知らせに来てくれる方がいるって有り難いことですよねもうやだ〜(悲しい顔)

とりあえずこんな感じです。。。


posted by petit_mame at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月07日

こんな感じです

なんかすごいことになっちゃいました。
いろいろな検査の結果、病名はこの前書いたものでした(病名の頭が"リ"ではなく"ギ"でしたがたらーっ(汗)
これってほんとその辺に舞っている風邪の菌の1つからおこったことなんですってがく〜(落胆した顔)自分のなかの免疫が風邪の菌をやっつけようとして自分の神経まで誤ってやっつけてしまったみたいな難病らしいです(ニュアンス的に)

それでダンナの病状ですが、首から下が全く動かない状態になっちゃいました。だから食べさせたり寝返りをさせたりで、私は病院でつきっきりで看病してますもうやだ〜(悲しい顔)
直る病気だけど、直るまでにかなり時間がかかるらしいですあせあせ(飛び散る汗)
幸いなことに脳には異常がなく、話しもできるのでなんとか今後の仕事のやりくりができたのでひとまずほっとしてます。
ただ私達のこれからの暮らしのことはまだ考えられる状態ではないですケド。。。ふらふら

子供は義理の両親に預けっぱなしで全然面倒をみてあげられないのでかわいそうな思いをさせてますもうやだ〜(悲しい顔)

そんなわけでこのブログは近況を伝えるべく闘病生活の話しが中心になってしまいそうですが、更新していこうと思ってます。。。
今までみたいにお友達のブログにコメントを残すことがあまりできないとは思いますが、余裕があるときは遊びにいきますね!!
posted by petit_mame at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 病院生活

2006年06月04日

いきなり入院

うぅっ・・・いきなり旦那が手足に力が入らないとなんだかわからない症状を訴えたので昨夜9時30分頃緊急外来へ・・・
レントゲンでは異常がわからなかったみたいだけど、神経に異常があるかもしれないといことでいきなり入院となりました(×_×;)
詳しい検査が月曜日じゃないとできないみたいではっきり病名はわからないけど、神経科の先生いわく、リランバレー症候群!?じゃないかと言ってました。
ニュアンスから察するに風邪の菌が神経にまわっちゃって、このようなことになった可能性が高いってことみたい。だからそのままにしていれば直るらしいけど、どんどん悪化して物ももてない、立ち上がれないと寝たきり状態にまでなっているのでどこまで悪化してから直るのかが見極めがつかないから治療するみたいな感じらしい。

いつかこういう日もやってくることもあるだろうとはいちおう思ってはいたけど、いざとなるとあわわ あわわって感じですもうやだ〜(悲しい顔)
それと、仕事の問題。。。体力勝負の仕事をしてるから、こういうとき替わりの人を探したりっていうのもあるけど、収入の面でもものすごく不安になりますたらーっ(汗)
早く元気になってもらいたいです。。。
posted by petit_mame at 14:28 | Comment(5) | TrackBack(0) | 病院生活