2017年09月10日

切ないラスト

昨日は、息子の体育祭でしたっ
私が見に行くのもこれで最後〜〜〜〜\(^o^)/
たまたま今年は旦那も暇だったのに、、、行くなら席取れや〜って言ったら行かないって(-_-;)
なのでいつものようにチャリンコで開会ギリギリに行って空いているところに座りましたよ。

さて、競技の方ですが・・・
息子はかなり鈍くさく、クラス旗をバトン代わりにして行ったリレーで、2番目の滑走だったのですが、隣に走っていた子と接触し体制崩して、それきっかけで息子のクラスがダントツビリになってしまったんですよ(;´Д`)

それもそうですが、大縄跳びの時も毎回息子が引っかかっているわけじゃないのに、息子のちょうど飛ぶ前の位置で縄が止まっていることも多くて、みんなが《息子が毎回足を引っ張ってるー》と思い込んでいるのがなんとなく伝わってきて、なんか雰囲気悪い(^-^;
それでも全校生徒の中で3位の成績だったんですけどね(笑)

まぁそんなのもあって、もろにクラスメイトからほぼ口をきいてもらえないとか、お前のせいだ!なことも言われたのだそう(;´・ω・)
体育祭のスター選手が羨ましいわけで。。。
(まぁスター選手も努力あってこそですから、認められて当たり前!!)

私も鈍くさいから中学校時代体育祭で転んだんですよ(笑)でも、その時は男女問わずドンマイ〜ってクラスの成績なんて気にせず、責めもせずその場を楽しんでたんですよね。
だから、私の中ではいい思い出しかないんですよねぇ。

なんだろ、誰が悪いってわけじゃないけれど、ネット社会が生んだ希薄な人間関係を象徴してるなって(;´Д`)まぁ社会に出るといくらでもそういう人間関係に出くわすわけですが(笑)今の時代はもう中学のうちからこんな感じなの??ってなんか寂しくなっちゃいました。

それで私はチャリで来ていたこともあって、のんびり閉会式最後まで眺めていたんですよ。
ちょうど息子のクラスの列の真ん前で・・・
息子はその位置とは真逆の吹奏楽テントで、表彰式の演奏をしていたのでその列にいなかったとその時は疑いもせず思っていた私。
最後の最後で、生徒会長が涙ながらに全校生徒全員で円陣を組みましょうな感じになったのに、息子はクラスのところに来なくて、あれ??って思ったのですが、それでも吹奏楽メンバーでかたまっているのかな??くらいに思っていたんですよ。。。

でも、いつまでたっても息子がいないことに気が付いて探すしぐさをするクラスメイトが誰もいなくて(´Д⊂ヽ
違和感〜〜〜〜!!
私はなんかずっと人間観察してました( ゚Д゚)

息子が直前の競技に普通に出ていたので、まさか救護テントにいるとは思わなかったもので(;^_^A 
それからそのまま家に帰っちゃったんですよね。・・・私も私ですね(;^ω^)

しばらくして、学校から電話が入って『保健室にいるので、今すぐ来てほしい。場合によっては救急車を呼ぶかもしれません』と言われたので大急ぎで学校に戻ったんですよ。
息子は泣きじゃくりながら、呼吸困難気味になってました(;´・ω・)
一時ちょっとけいれん気味になったそうで、先生方が焦るような状態だったみたいですが、私が到着したときは少々落ち着いた様子でした。
なんというかメンタル弱いのですよ。。。

家に連れ帰ったのですが、落ち着いてから状況を聞くと、、、
もろもろのクラスメイトからの冷ややかな対応で、急に調子が悪くなってしまったみたい。
そして、閉会式の時まだ救護テントにいたそうで、『誰もぼくを呼びに来てくれない。。。』寂しさと悔しさで、泣きまくり保健室に行くほど呼吸困難な状態になったそう。

てか、そこから保健室に運ばれた記憶がなく、彼はちょっと別世界に行ってました( ゚Д゚)
まぁそれはまた別記事で(笑)

話は戻しますが、まぁ私が見て感じた《誰も息子がいないことを気にしてない》って部分をもろに本人は感じてしまっていたんですね(;^ω^)

まぁそれからなだめるのが大変で・・・もう学校行かないとか言い始めたもので(;^_^A
私は『今、ちょうど異常な数値の太陽フレアが地球にやってきてるから、みんなの感情がおかしなことになっているんだよ!』
半分合ってそうだけど(笑)太陽フレアのせいにして、気にするな!!と説得。

それから、息子がLINEで個チャが入ったらしく、見てみると・・・
みんなの前では言えなかったけど、心配してたんだよというクラスメイトからだったそう。
なんでLINEくれるくらいならその場で何も言ってくれないの??
と、私は単純に思ってしまいましたわ

会話より文字なんだね。。。(´Д⊂ヽ寂し〜時代ですわ
もっと楽しく最後であって欲しかったなー
posted by petit_mame at 10:54 | Comment(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: