2017年08月21日

水分足りないよぉ

母はいつ急変してもおかしくない状況でありながらも、なんとか持ちこたえている状態。

朝、病院に行き頭を触ったら熱がやや高め(;゚д゚)
アイスノンもあったかくなってるし(>_<)
ちょっとちょっとーお父さん気を付けなくちゃ〜!!
お父さんは、母を見ていると悲しくなるのか、あまりちゃんと見れない様子。
仕方ないかぁ。。。

いつも昼間は父の代わりに病院に行っているので、なんとなく看護士さんたちはこの時間にこんなことするのかっていうのが頭に入ってきましたよ。

病院では10月から今までやってきたPC入力からタブレット入力に変わるとかで、1台サンプルが届いているらしく、なるべく触って慣れるように〜みたいな話し声なんかもよく聞こえる(笑)

なのに、肝心な病室の心拍数や血液中の酸素量を表示しているモニターのケーブルがどこかで断線しているのか、エラー表示しっぱなし(||゜Д゜)
計測不能な心拍数とか、酸素量0とか突然表示されて、ドキドキ(´θ`llll)

タブレットに変える前に、ケーブルくらいとっとと変えろや〜〜〜
私達家族はずっと思ってました。。。
小心者だから直接言えませんけど( -_-)

そして、母が入院した頃は夏だっていうのにほとんど曇り空
まぁ病室にいると関係ありませんけどね。

熱の方は、抗生剤の点滴の中に解熱剤も含まれているせいか、とりあえず37度台に下がりました。

そして、月曜日ということもあって朝からリネンの交換があったり、血液検査もありました。

血液検査の結果は聞きませんでしたけど、この日から速度の速いビタミン剤入りの点滴がなくなったので、血液が相当薄いんだろうな。

今日はもう口から薬を飲むことすら出来なくなり、痛み止めの注射を胸のあたりから定期的に入れることになり繋ぎっぱなし。
水分はストローを使ってまだかろうじて飲めてます。

とはいえ、口から十分な水分を補える訳じゃないので、これじゃもうほんと心臓がもたないよ(つд`) 

この頃にもなると覚悟を決めて、なんとか間際に来て貰いたい母の弟に早めに◯◯日くらいに限界がくると思うと連絡してました。 

母も早く楽になりたいという言葉すらも言わなくなり、頑張ってねと言うと、『はいよ』って弱々しく答えるだけ

今日担当した看護士さんは、体の痛いレベルを数値で言って欲しいと母に言い、マックス10としてどの位?と聞くと、7と言ってました。
結構痛そうな数値なのに、痛み止めの薬入れようか?と聞かれると、いいですと答えます(゜Д゜;)スゲェ

母なりに頑張っているのね。
posted by petit_mame at 21:13 | Comment(0) | つぶやき