2017年09月11日

謎のひと

息子くんは、すっかり元気を取り戻した感じ。
やっぱり太陽フレアの影響じゃないの??


さて前回、あまりに長くなってしまうので書かなかったのですが、、、

息子が保健室に運ばれ、家に帰ったあたりの記憶がなくて、家に帰るなり、苦しみながら突然こんなことを

『◯◯の叔父ちゃんと叔母ちゃんが夫婦揃って入場門の所に立っていた』

すでに亡くなっている、義父の姉夫婦のことを言うじゃありませんかっ(゜Д゜;)
近くに住んでいて、息子のことを孫のように可愛がってくれたんですよね。
だから全然ゾーッとしたとかはありませんでしたよ。

応援に来てくれたんだね(^-^)
苦しいから話さなくていいよって伝えるとさらに、、、

『タナカミノルが応援に来てる…見つからない…中学校のすぐそばに住んでいる…◯◯先生(担任の先生)は知っている…電話して伝えて欲しい』

同級生にも知り合いにもいない方の名前を言い始めました(^_^;)

一体誰なの〜(||゜Д゜)


それから息子は寒いって毛布にくるまってしまったのですが、ほんの数分したら、別人のように元気になってしまって(^_^;)

タナカミノルさんのことを聞き直すと、
なんと全く言ったことを覚えてませんでしたーーー!!


たぶん生きてる人じゃないと思う(;^_^A

とりあえず担任の先生にはちゃんと伝えるんだよと言ってありますが、果たして先生のお知り合いなのか!?

次の日の朝、寝室がお線香の香りで充満してました(^◇^;)

やっぱお彼岸が近いから伝えないとね。
知ってたら、先生に墓参りを勧めるっていうことで解決するんじゃないかな…
posted by petit_mame at 23:07 | Comment(0) | つぶやき

2017年09月10日

切ないラスト

昨日は、息子の体育祭でしたっ
私が見に行くのもこれで最後〜〜〜〜\(^o^)/
たまたま今年は旦那も暇だったのに、、、行くなら席取れや〜って言ったら行かないって(-_-;)
なのでいつものようにチャリンコで開会ギリギリに行って空いているところに座りましたよ。

さて、競技の方ですが・・・
息子はかなり鈍くさく、クラス旗をバトン代わりにして行ったリレーで、2番目の滑走だったのですが、隣に走っていた子と接触し体制崩して、それきっかけで息子のクラスがダントツビリになってしまったんですよ(;´Д`)

それもそうですが、大縄跳びの時も毎回息子が引っかかっているわけじゃないのに、息子のちょうど飛ぶ前の位置で縄が止まっていることも多くて、みんなが《息子が毎回足を引っ張ってるー》と思い込んでいるのがなんとなく伝わってきて、なんか雰囲気悪い(^-^;
それでも全校生徒の中で3位の成績だったんですけどね(笑)

まぁそんなのもあって、もろにクラスメイトからほぼ口をきいてもらえないとか、お前のせいだ!なことも言われたのだそう(;´・ω・)
体育祭のスター選手が羨ましいわけで。。。
(まぁスター選手も努力あってこそですから、認められて当たり前!!)

私も鈍くさいから中学校時代体育祭で転んだんですよ(笑)でも、その時は男女問わずドンマイ〜ってクラスの成績なんて気にせず、責めもせずその場を楽しんでたんですよね。
だから、私の中ではいい思い出しかないんですよねぇ。

なんだろ、誰が悪いってわけじゃないけれど、ネット社会が生んだ希薄な人間関係を象徴してるなって(;´Д`)まぁ社会に出るといくらでもそういう人間関係に出くわすわけですが(笑)今の時代はもう中学のうちからこんな感じなの??ってなんか寂しくなっちゃいました。

それで私はチャリで来ていたこともあって、のんびり閉会式最後まで眺めていたんですよ。
ちょうど息子のクラスの列の真ん前で・・・
息子はその位置とは真逆の吹奏楽テントで、表彰式の演奏をしていたのでその列にいなかったとその時は疑いもせず思っていた私。
最後の最後で、生徒会長が涙ながらに全校生徒全員で円陣を組みましょうな感じになったのに、息子はクラスのところに来なくて、あれ??って思ったのですが、それでも吹奏楽メンバーでかたまっているのかな??くらいに思っていたんですよ。。。

でも、いつまでたっても息子がいないことに気が付いて探すしぐさをするクラスメイトが誰もいなくて(´Д⊂ヽ
違和感〜〜〜〜!!
私はなんかずっと人間観察してました( ゚Д゚)

息子が直前の競技に普通に出ていたので、まさか救護テントにいるとは思わなかったもので(;^_^A 
それからそのまま家に帰っちゃったんですよね。・・・私も私ですね(;^ω^)

しばらくして、学校から電話が入って『保健室にいるので、今すぐ来てほしい。場合によっては救急車を呼ぶかもしれません』と言われたので大急ぎで学校に戻ったんですよ。
息子は泣きじゃくりながら、呼吸困難気味になってました(;´・ω・)
一時ちょっとけいれん気味になったそうで、先生方が焦るような状態だったみたいですが、私が到着したときは少々落ち着いた様子でした。
なんというかメンタル弱いのですよ。。。

家に連れ帰ったのですが、落ち着いてから状況を聞くと、、、
もろもろのクラスメイトからの冷ややかな対応で、急に調子が悪くなってしまったみたい。
そして、閉会式の時まだ救護テントにいたそうで、『誰もぼくを呼びに来てくれない。。。』寂しさと悔しさで、泣きまくり保健室に行くほど呼吸困難な状態になったそう。

てか、そこから保健室に運ばれた記憶がなく、彼はちょっと別世界に行ってました( ゚Д゚)
まぁそれはまた別記事で(笑)

話は戻しますが、まぁ私が見て感じた《誰も息子がいないことを気にしてない》って部分をもろに本人は感じてしまっていたんですね(;^ω^)

まぁそれからなだめるのが大変で・・・もう学校行かないとか言い始めたもので(;^_^A
私は『今、ちょうど異常な数値の太陽フレアが地球にやってきてるから、みんなの感情がおかしなことになっているんだよ!』
半分合ってそうだけど(笑)太陽フレアのせいにして、気にするな!!と説得。

それから、息子がLINEで個チャが入ったらしく、見てみると・・・
みんなの前では言えなかったけど、心配してたんだよというクラスメイトからだったそう。
なんでLINEくれるくらいならその場で何も言ってくれないの??
と、私は単純に思ってしまいましたわ

会話より文字なんだね。。。(´Д⊂ヽ寂し〜時代ですわ
もっと楽しく最後であって欲しかったなー
posted by petit_mame at 10:54 | Comment(0) | つぶやき

2017年09月08日

お疲れさま

今日は朝から外から何か聞こえるような。。。
耳が遠いもので(笑)
何度か言われてやっと気付いて玄関に行ってみると、ヤクルトのおばちゃんがいました(^◇^;)

呼び鈴の電池が切れていたみたい(;^_^A
気付くまでよく呼び続けてくれたなと💦

この夏の間おばちゃんは、中学生の自転車をよけようと思って、バランスを崩して転んで手の骨を折ったらしく配達を休んでいたのですが、辞めることにしたそうで、挨拶に来たんですよ(´;ω;`)

引っ越ししてからずっとの付き合いなので、かれこれ8年、、、
年齢にして、見た目70歳は越えているかと。
もうそんな年齢にもなれば、ちょっとの休みでも、体力なくなって自転車で配達なんてムリなはず(^_^;)

でも、今まで年齢関係なく、留守だとわかるとまた別な日にまわってきてくれるマメなおばちゃんでした。

なんか寂しい〜
別れが続くぜぇ(つд`)



posted by petit_mame at 21:18 | Comment(0) | つぶやき

2017年09月05日

やれやれ…

母が亡くなって、バタバタとしてました。
葬儀(28日)が終わってやっと落ち着いたので先日自分の記録用として、過去記事一気にアップさせていただきました(^_^;)
人の最期のことをみてもあまりいい気はしないと思いますけどね(;^_^A


私なりにやるだけのことはやったかな。。。

父は、しばらくメソメソしてましたが、骨になってしまったらだんだんと落ち着いてきた様子

母は友達付き合いを全くしてなかったのですが、父は社交的な人で、近所に茶飲み友達がそこそこいるので、なんとかやっていけるかなって気がします。
今回亡くなったのがもし逆だったら、意外にそっちの方が心配だったかも(^_^;)

それよりも、私は1日から仕事に出ているのですが、休んでいた間玉ちゃんは真面目に仕事してたかな…と淡い期待をしていたのですが、ジャーナルを見てみると、変わらず毎日レジからお金を取っていた様子(´-ω-`)

長い休みを貰う前の日、私からの最初で最後の忠告の意味で、メモ書きで
『レジから返金できない程のお金を借りるほど生活に困っているのなら、来年息子さんの受験もあることだし、転職を考えた方がいいのでは?』
と、書いてきたの。
なにせレジから借りてるのさえ、25,000円ありましたからね(´-ω-`)


休み明けどうなったかというと、そのレジから借りているお金は全てクリアに。
しかーし、レジから盗んだ金額がアップ(||゜Д゜)
月末4000円取った日すらありました。。。

もうどうしようもないね。
人に指摘されるとプライドが許さないのか!?
彼女からのメモ書きにはひと言もお金のこと書いてませんでしたからね


もう訴えられようが何しようがかばいませ〜ん
いくらなんでもこれだけ金額がいってしまっていると会社にはバレバレだわよ(´-ω-`)
玉ちゃん頭悪すぎ(||゜Д゜)
終わったわ((((;゜Д゜))))
posted by petit_mame at 09:51 | Comment(0) | つぶやき

2017年08月24日

力尽きました

朝を迎え、早朝から姉が病院に来ました。
私は、息子が家にいるのもあって朝ご飯をあげたり、洗濯したりするのに、一旦姉にその場を任せ、家に戻りました。

すぐ病院に行ける距離だからね。

さあ病院に行くぞっていうときに(10時頃)ちょうど姉から電話がかかってきて、、、
『血圧がおかしいからすぐに来て!』

いよいよかぁ。。。
とすぐに病院にかけつけました。
母は、目が半開きで口を大きく開けて苦しそうに呼吸してました(ToT)
とりあえず心拍数は普通でしたが、かなりヤバイ

姉に急変したときの様子を聞いたら、毎日ある尿管洗浄と体拭きをして貰っていたそうで、それが終わったらこんな感じだったと(゜Д゜;)
こんな日でもそれやるんだ(笑)

父も家に一旦戻っていてまだ病院に来てなくて、やっと来たと思ったら、その場を離れてしまい、そうこうしていると、急に心拍数が下がり、お父さんは何処行ったの〜(´θ`llll)って大騒ぎ

看護士さんも手の打ちようがない患者だからか、冷静過ぎるくらい冷静で呼んでもなかなか病室に来てもくれない(´-ω-`)

母の叔父もちょうど休みを取って病院に向かっていて、あと少しというところ

私はひたすら母の手をさすり、姉は足をさすり、ちゃんと声は聞こえているようなので、あと少しで叔父ちゃん来るから頑張って〜と呼びかけ続けました。
見かねた姉が父を探しに病室を出たときに、かすかに母の口が動きました。

たぶん、お別れを言ったんだと思うんだけど、声は聞こえず(ToT)

なんとか父が戻り、それでも必死に呼びかけ続けました。。。


でも、ついにその時は来てしまいました


心拍数が0

11:50くらいに。
でも、先生が来て確認したのが55分だったので、死亡時刻は11:55ですけどね。

苦しそうな顔のまま(ToT)
でも、なんとか家族で看取れて良かったです。

母の弟はあと15分というところで間に合わず(´;ω;`)
でも、不思議なのは亡くなってすぐに姉の旦那も、私の旦那も、叔父も駆けつけることが出来て、これからどうする的なことがスムーズに決まりました!

母を一旦家に連れて帰り、葬儀屋さんと家で打ち合わせすることに。

葬儀は、ごくごく身内での家族葬にして通夜もせず、新聞にも載せないことにして、極力参列・お香典をお断りしました。

そんなわけで心配してくれたお友達。。。
連絡できなくてごめんね(´;ω;`)
posted by petit_mame at 23:31 | Comment(0) | つぶやき

2017年08月23日

泊まったよ

今日あたりの可能性が高いと思ったので、今晩は変な挨拶に来られる夢を見るくらいなら、ここに居てやるわい!
と、父と泊まる気で病院に来ました。

父いわく、昨夜はほとんど体の向きを変えてくれって起こされなかったそう。
もう、声をかける元気がないということなのね。。。

母はとりあえず、変化なく、痛み止めの量を増やされながら、ほとんど薬の副作用で寝ている様子。

夜は姉もやってきました。次の日休みを取ってくれたらしい。
また前日のように痛みの程度を数値で聞いてきたのですが、母は8と答え、痛み止めお願いしますと。
同じ体勢が続いているせいもありそう。

心拍数とか血圧はまだ安定。

とりあえず、姉は帰ることに。
父はベンチシートに横たわって寝るので、私は座る椅子がないんだな(笑)

そういえば旦那がギランバレーで入院していたとき、パイプ椅子に座って毎日寝てたなぁなんてことを思い出しつつ、私はゴミ箱の上にタオルやらを敷いて、枕を抱えてお泊まりしました(笑)

基本何処でも寝れる子だから(笑)

もう夜にもなると、ストローで水を吸う力がなくて、ストローをスポイトのようにして口に水を含ませるみたいな感じになってしまいました。

あとは、看護士さんにわがままを言ってガーゼのようなものを貰い、乾いた口の周りを水を含ませて拭いたりして看病

もう水分補給がまともに出来ない(つд`)
血流が悪くなることが目に見えてわかるわけです。

それでも夜中急変しませんでした!
凄いなぁ。
posted by petit_mame at 23:07 | Comment(0) | つぶやき

2017年08月22日

カウントダウン

だんだん呼吸するのに肩を使うようになってきました。
自分から言葉を発しなくなったので、ちょっと動くとこちらから『水飲む?…体動かそうか?』聞くように。

水はちょっとではありましたが、目を開けた時にはマメに飲ませてました。

こんな苦しそうな状態でもリネンの交換やパジャマの着替えがありました。
大変だけど、スッキリ

あとはひたすら寝ている姿を見ているだけ。

今晩も夜仕事終わってからお姉ちゃんが来た方がいいかな!?ってLINEがきたので、今日は持ちこたえると思う。逆に明日のために寝ておいてと伝えました。。。

本当にもうカウントダウン(´-ω-`)
posted by petit_mame at 21:55 | Comment(0) | つぶやき

2017年08月21日

水分足りないよぉ

母はいつ急変してもおかしくない状況でありながらも、なんとか持ちこたえている状態。

朝、病院に行き頭を触ったら熱がやや高め(;゚д゚)
アイスノンもあったかくなってるし(>_<)
ちょっとちょっとーお父さん気を付けなくちゃ〜!!
お父さんは、母を見ていると悲しくなるのか、あまりちゃんと見れない様子。
仕方ないかぁ。。。

いつも昼間は父の代わりに病院に行っているので、なんとなく看護士さんたちはこの時間にこんなことするのかっていうのが頭に入ってきましたよ。

病院では10月から今までやってきたPC入力からタブレット入力に変わるとかで、1台サンプルが届いているらしく、なるべく触って慣れるように〜みたいな話し声なんかもよく聞こえる(笑)

なのに、肝心な病室の心拍数や血液中の酸素量を表示しているモニターのケーブルがどこかで断線しているのか、エラー表示しっぱなし(||゜Д゜)
計測不能な心拍数とか、酸素量0とか突然表示されて、ドキドキ(´θ`llll)

タブレットに変える前に、ケーブルくらいとっとと変えろや〜〜〜
私達家族はずっと思ってました。。。
小心者だから直接言えませんけど( -_-)

そして、母が入院した頃は夏だっていうのにほとんど曇り空
まぁ病室にいると関係ありませんけどね。

熱の方は、抗生剤の点滴の中に解熱剤も含まれているせいか、とりあえず37度台に下がりました。

そして、月曜日ということもあって朝からリネンの交換があったり、血液検査もありました。

血液検査の結果は聞きませんでしたけど、この日から速度の速いビタミン剤入りの点滴がなくなったので、血液が相当薄いんだろうな。

今日はもう口から薬を飲むことすら出来なくなり、痛み止めの注射を胸のあたりから定期的に入れることになり繋ぎっぱなし。
水分はストローを使ってまだかろうじて飲めてます。

とはいえ、口から十分な水分を補える訳じゃないので、これじゃもうほんと心臓がもたないよ(つд`) 

この頃にもなると覚悟を決めて、なんとか間際に来て貰いたい母の弟に早めに◯◯日くらいに限界がくると思うと連絡してました。 

母も早く楽になりたいという言葉すらも言わなくなり、頑張ってねと言うと、『はいよ』って弱々しく答えるだけ

今日担当した看護士さんは、体の痛いレベルを数値で言って欲しいと母に言い、マックス10としてどの位?と聞くと、7と言ってました。
結構痛そうな数値なのに、痛み止めの薬入れようか?と聞かれると、いいですと答えます(゜Д゜;)スゲェ

母なりに頑張っているのね。
posted by petit_mame at 21:13 | Comment(0) | つぶやき

2017年08月20日

苦痛な食事

母は日に日に衰弱していき、血尿がわずかながらも出続けているので、ますます貧血が酷くなっていき、ベッドで体を起こすのさえもかなり苦しそう。

食事でさえ、食べても戻してしまうようになり、苦痛に感じるように(>_<)
姉や私がいるときはそれでもなんとか食べさせようとするけれど、なかなか食事の時間に居られなくて(>_<)
父は、母がかわいそうなのかいらないと言われるままに食べさせようとせず諦めてしまう。
まぁそれも仕方ない。
明日からは食事を出さないことになりました。
かろうじて飲めていた薬も口からの摂取は限界かな。。。

この頃にもなると、自分から話しかけるってこともしなくなり、水のみたいとか体が痛い(向きを変えて)とか足がしびれると訴える程度でしたが、看護士さんからの呼びかけに『はい・・・わかりました・・・大丈夫です』丁寧に答えてました。
何か気の利いた楽しい話がしたいのに何も思い浮かばなくてただひたすら、そばにいるだけ(;_:)

夜は姉が姪っ子を連れてきました。誰かがいると私も気がまぎれます

母はほとんど目を瞑っていて、薬も効いているのもあり、起きているのか寝ているのか常にわからない状態。
夕方16:00過ぎ頃、母がパチッと突然目を開けたのでどうしたのか聞くと、姉の長男が残業してる夢を見たそう(笑)
会いに行ったのかな(^◇^;)

夜は突然両手を上げたので、なんだ!?って思ったら、誰かのコンサートに行った夢を見たそう。
でも、その歌手がわからなくて(^_^;)
演歌じゃなくてしかも男性ということで、私も姉も思い浮かばず(笑)
中条きよし?って聞いたら、違うと言われ、そのままわからずじまい(つд`)
とりあえず、見る夢は楽しいのばかりで良かった良かった。

それから私は先に帰ったのですが、帰り際まだ頑張ってよって呼びかけると母は『はいよ。』と言って涙を流しました。いちいち泣くな!と言いながらそそくさとその場を離れました(T_T)
別れが近いことがわかるだけに辛いです。。。
posted by petit_mame at 20:57 | Comment(0) | つぶやき

2017年08月19日

貧血酷し

家に居た頃は、1週間単位で悪化している感じだったのですが、病院に入院したとたん、毎日昨日まで出来た当たり前のことが1つ出来なくなるという状態になりました。

食事でなんとか補いたいところですが、ほとんど食べれず(´-ω-`)
お昼に出た食事にあったかぼちゃの煮物のこと『お前が作ってくれたのと同じ味がした』なんてことを言ってくれたのがなんとも切なくて(T_T)

夜にもなると、ほんの少しの食事でさえ戻してしまうようになってしまい、それでもなんとか口から薬を飲むことはできてました。

そんな感じだったので、常時点滴している状態ではありましたが、プラスで食事での栄養が足りない分、速度の速いビタミン材入りの点滴で水分を補っている状態

かなりしんどくなってきたようで母は、『もう早く楽になりたい』とつぶやくように(T_T)
ただただ、そんなこと言わないで頑張ってと言い、浮腫んでしびれがあるという足を揉むことしかできず(´-ω-`)


本人しかわからないことですが、まだそんなに極端に痛みを訴えているわけでもない感じ。
でも弱い麻薬も処方されていて、ただただ弱っていくのを見守るだけ。

今日は、夕方15:30くらいからかな…おじいちゃんはどんな感じで亡くなったのかなんてことを聞いていた。
誰かの結婚式に行く前に釣りに行って、血圧が高かったせいもあって脳軟化症で倒れたそう。
部品をバラして時計作って皆にあげたりするくらい、とても器用なじいちゃんだったとか、倒れて病院に運ばれてから、皆が来るのを待ってたかのようにちょっと体を大きく動かしてパタッと亡くなったのだそう。
痰を取ったのも看取ったのもお母さんだったとか。


およそ30分近く話したかな。。。(よく時計見てませんでしたけど)
今までそんなこと聞いたことなかったから(^_^;)
母も祖父のように皆が駆けつけるまで、待っててくれるといいな。

今日は父の代わりに姉が病院に泊まってくれる
ことに。
ずっと同じパジャマだったので、看護士さんと3人で着替えさせました!
スッキリ〜

夜は、昨日誕生日だった甥っ子も来たのですが、結局父がおこづかいをあげてました(笑)

もうたぶん母とあまり話せなくなるとわかっていてもなかなか気の利いた話題を振ることが出来ず、何を話していいのやら…

夜はお姉ちゃんと何かお話できるといいな。
posted by petit_mame at 19:30 | Comment(0) | つぶやき